ABD : Asian/Pacific Book Development
バックナンバー
Vol.33 No.3 特集『今日の印刷』
「本と印刷の未来」中西 秀彦/日本
「モンゴルの印刷技術の挑戦」ジャンバ・スンジットマ/モンゴル
「イランの印刷産業」ハミド・レザ・シャハラビ/イラン
Vol.33 No.2 特集『アジアの英語』
「アジアの共通語としての英語」トム・マッカーサー/英国
「現代インドの英語使用状況」ペーリ・バスカララーオ/インド
「今日の中国の英語教育について」リン・リン/中国
「教育とメディアにおける言語状況」座談会/マレーシア、パプア・ニューギニア、フィリピン
Vol.33 No.1 特集『平和を築く:NGOの図書開発活動』
「読書を通じた和解への道-Crossing Bordersの試み」サラ・オザッキーラザー/イスラエル
「夢から現実へ-アフガンの人々のための読書推進と出版」シラジュディン・シディキ/アフガニスタン
難民キャンプに図書館を」 三宅 隆史/日本
Vol.32 No.4 特集『読書:子どもたちを育むもの』
「子どもの本のグローバルネットワーク」 島 多代/IBBY会長
乳幼児に絵本を読むことの大切さ」 正高 信夫/日本
「ウズべキスタンにおける子どもの読書環境」アリシャー・イクラモフ/ウズべキスタン
「太平洋諸国における子ども向け科学教材の開発」ニール・テイラー/イギリス、 ルパート・アルキン/ニュージーランド
Vol.32 No.3 特集『編集者の仕事』
「企画から編集まで:編集者の条件とは」大江 雅章/日本
「タイの編集者の仕事」ポンアノン・ニョムカ/タイ
「ミニコミ:出版の広がりと多様性を探る」南陀楼 綾繁/日本
Vol.32 No.2 特集『文化の多様性とインターネット』
「アジアにおけるインターネット活用状況」スティーブン・ジャービス/オーストラリア
「プリント・オン・デマンド:作家と読者を近づけるために」ペーテル・クルマン/スウェーデン
「マレーシアのデジタル時代の幕開け」シディン・イサック/マレーシア
年表で見るACCU30年の歩み
Vol.32 No.1 特集『今を描く-アジア・太平洋地域で活躍する作家たち』(II)
「最近のインドネシアの作家たち」ヤコブ・スマルジョ/インドネシア
「韓国現代文学の作家たち」 チェ・ジェ・ボン/韓国
「ニュージーランドの小説とその読者たち」バーバラ・エルス/ニュージーランド
「改革が求められるモンゴルの児童文学」ジャンビーン・ダシドンドク/モンゴル
Vol.31 No.4 特集『今を描く-アジアで活躍する作家たち』(I)
「南アジアで活躍する女性出版者と作家たち」 ウルバシ・ブタリア/インド
「現代日本の文学の概観」 齋藤 愼爾/日本
「イランの現代作家たちの活動」レイリ・ハイエイリ・ヤズディ/イラン
「ミャンマーの現代文学紹介」マウン・スー・シン/ミャンマー
「ベトナムの現代文学の概略」フォン・トゥラン/ベトナム
「電子技術は出版に活用されているか」(II)アジア5カ国の通信員から
Vol.31 No.3 特集『出版の電子化とことばの問題』
「アジアの多言語処理の過去、現在、未来」加藤 弘一/日本
「英語からタイ語へのオンライン自動翻訳『パーシット』について」ウイラート・ソーンレートレムワニット他/タイ
「ウイグル語の出版におけるコンピュータの活用」ヤスン・イミン他/中国
「電子技術は出版にどう活用されているか」アジア9カ国の通信員から
Vol.31 No.2 特集『著作権:万人のための知識社会のために』
「インドの著作権」ディナ・N・マルホトラ/インド
「日本の著作権処理システムの歴史と現状」宮田 昇/日本
「フィリピンの著作権とe-コマースの現状」ドミナドール・ブハイン/フィリピン
「本に未来はあるか」ミラグロス・デル・コラル/ユネスコ 他
Vol.31 No.1 特集『EFA2000(万人のための教育):国際識字年から10年 その評価とこれから』
「基礎教育の10年の歩みと新しい世紀へ向けて」A. H. A ハキーム/ユネスコPROAP
「アジアにおける識字の発達:その課題と展望」R ゴヴィンダ/インド
「ジョムティエンからダカール、そして未来へ:識字と成人学習」ミルナ B. リム/フィリピン 他
Vol.30 No.4 特集『図書館のネットワークをめざして』
「図書館の協力について」クンニン・マエマス・シャバリッ/タイ
「市民と利用者のための図書館を」津野 海太郎/日本 他
Vol.30 No.3 特集『本を通じて啓発された社会へ』
「南アジアの出版の現状と課題」アブル・ハッサン/インド
「インドネシアの出版30年と今後」アルフォンス・タリアディ/インドネシア 他
Vol. 30 No.2 特集『マルチメディアにまきこまれる今のこどもたち』
「マルチメディアの影響を受けるネパールの子どもたち」ビスワンダール・ギミレ/ネパール
「メディア社会の日本の子ども」佐藤 学/日本
「インドネシアの子どもたちにあたえる新しいメディアの影響」R. マスリ・サレブ・プトラ/インドネシア
「フィリピンの子どもたちはマルチメディア社会をどう生きるか」マリア・アラスリ・ダンス・リー/フィリピン 他
Vol.30 No.1 特集『本の流通とインターネット』
「ことばと文化の未来のために」前田 完治/日本
「日本の出版界とデジタル化の波」星野 渉、河上 進/日本
「新旧とりまぜたマレーシアの出版流通」チン・サイク・ユーン/マレーシア
「韓国の本の流通の現状と課題」ペク・ウァン・クン(白 源根)/韓国 他
Vol.29 No.4 特集『多言語国家における翻訳』
「インドにみる独立後の多言語と翻訳の状況」
(インドラ・チョウドリ/インド)他
 
Vol.29 No.3 特集『メディア社会の中の雑誌』
「メディア論からみた定期刊行物の将来」(水越 伸/日本)他
 
Vol.29 No.2 特集『本をもっと魅力的に−アジアのブックデザインは今』
「韓国のブックデザイン」(チョン・ビョンキュ/韓国)
「イランのブックデザイン」(マフディ・モイニ/イラン)他
 
Vol.29 No.1 特集『読書推進運動――質の高い読書をめざして』
「すべての人に読書を―マレーシアの活動」(プラサニ・クカネサン/マレーシア)
「へき地の読者へ―バングラデシュ・ダッカ・アーサニア・ミッション
の地域図書館と移動図書館」(ターシュナ・アーメド/バングラデシュ)他