printsendsitemap
JapaneseEnglish

Home>ACCUについて

ACCUについて

ACCUのネットワーク ACCUの活動方針とESD

ユネスコ・アジア文化センター(ACCU:Asia-Pacific Cultural Centre for UNESCO)は、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の基本方針にそって、アジア太平洋諸国の文化の振興と相互理解に寄与するため、出版界を中心とする民間と、日本ユネスコ国内委員会を中心とする日本政府との協力によって、1971年に東京に設立されました。

ACCUでは、文化の振興を幅広く捉えています。ACCUの事業活動分野が、文化協力、教育協力、人物交流であるのは、そのためです。

● ACCUの活動3分野:


文化協力事業   教育協力事業   人物交流事業
文化関連写真 教育関連写真 人物交流事業関連写真
アジア太平洋地域の豊かな文化の多様性を守り伝える

Photo copyright: "A Miao Woman - Just Married" ©Peng Xiang Zhong <China>
「万人のための教育」の実現をめざし、「持続可能な開発のための教育」につなげる

Photo copyright: "All Ears for Learning" ©Mohammad Koucheckpur <Iran>
文化・教育・環境分野で人と知識の交流の輪を広げる

Photo copyright ©ACCU

教育協力事業においては、
教材制作、人材養成、ネットワーク構築の各活動を有機的に連動させながら、コミュニティーレベルでのパートナーとの実践を、「知」として蓄積し、国際的な情報共有を通じて、これまでは、主に成人識字を中心とするノンフォーマル教育の分野で万人のための教育EFA:Education for Allに貢献しきました。

多くの人々の協働の成果である教材(英語で作成する「プロトタイプ」と呼ばれるモデル教材)を各国のニーズに合わせて現地適応化や翻訳を進める方式で、アジア太平洋各地で数百種類の教材を生み出してきました。それらのノウハウは、ガイドブックとしてまとめてきました。また、アジア太平洋識字データベースを通じて情報共有を行っていました。

Contribution to EFA & ESD
Copyright 2012 Asia-Pacific Cultural Centre for UNESCO All rights reserved.