printsendsitemap
JapaneseEnglish

COE形成プログラム

南太平洋大学 (USP)
団体名 南太平洋大学 (USP)
法的地位 Regional University of 12 Pacific Island Countries (Main campus located in Fiji)
住所 Laucala Campus, Suva, Fiji
電話 679-323 2313
Fax 679-323 1550
URL http://www.usp.ac.fj/
E-mail koshy_k@usp.ac.fj / thaman_k@usp.ac.fj
USP-COE
プロジェクト
南太平洋大学(USP)の「環境・持続可能な開発のための太平洋センター」(PACE-SD)及び教育学部による協同運営となるCOEプロジェクトでは、教員養成に焦点を当てるとともに、既存の講義の改良や新規コースの設置を通じて、大学全体として持続可能な開発のマインドを持った人材育成を強化する。ノンフォーマル教育分野でも、本分野で活躍できる青年リーダーの育成研修を行う。各種研修は、同校の発達した遠隔教育システムを活用し域内で幅広く提供される。

Project

背景

「国連持続可能な開発のための教育の10年(UNDESD)」の大きな課題は、あらゆる段階の教育に、ESDをいかに組み込むことができるかにかかっている。多くの場合、より包括的な学びの場を創出するESDのテーマを盛り込むためには、教育課程の再編成が伴う。今日の卒業生は、専門分野の知識に加えて、持続可能な開発の3つの柱の相互関連性を理解するためにも学際的な知識に触れることが大切である。太平洋地域の学校や大学においては、ESDの理念は、呼称は異なるにせよ、長い間実践されてきた。我々の有する伝統的な知識や土着の知識体系(IKS)は、太平洋島嶼国における持続可能な開発の本質的な体現と言える。国連によるDESDの宣言は、これらのイニシアチブに対する誓いを再確認し、再生し、さらなる付加価値を付ける好機なのである。


様々な教育分野のニーズを抱える太平洋に散在する島国で運営される大学として、我々は学びを促進させる手法として、フォーマル、ノンフォーマル、インフォーマルの多様なアプローチの実践を重視してきた。南太平洋大学(USP)は、遠隔教育(DFL)において、過去30年間にわたり改良を重ね、この分野において優秀な業績をおさめている。現在、すべての学問分野における全200単位に及ぶ授業が、大学の3つのキャンパスより、遠隔教育の形態を通じて各地域に提供されている。さらに、単位は付与されないが、技術訓練を施す生涯教育の各種のプログラムは、非正規な方法で提供されるUSPによる教育サービスにとって欠くことのできない部分となっている。


プロジェクトの目的

太平洋島嶼国における持続可能な開発の推進のため、革新的な教育課程(カリキュラム)開発及び配信方法を用いて、教育分野における能力開発を行うこと。


以下の3つの分野において、革新的なESD能力開発プロジェクトとして、様々な活動を行う。

  • 教員養成
  • 持続可能な教育(USPにおける既存の講義の改良や新規コースの設置)
  • コミュニティのエンパワーメント

本プロジェクトは、上記の目的を達成するために、様々な利害関係者を巻き込み、フォーマル、ノンフォーマル、及びインフォーマルの手法が用いられる。

Profile


USPについて

1968年に設立された南太平洋大学(USP)は、太平洋地域における屈指の高等教育の提供機関であり、クック諸島、フィジー、キリバス、マーシャル、ナウル、ニウエ、サモア、ソロモン諸島、トケラウ諸島、トンガ、ツバル、バヌアツの12カ国が加盟する。その他、海外の20余りの諸大学と提携している。


上記12か国の加盟国における学生総数は2万1千人を数えるが、その内、約半数は域内の各キャンパスで衛星を介す洗練された通信網(USPネット)により可能となる遠隔教育を柔軟な方式で受講している。残りの学生は、フィジー、バヌアツ、サモアに設けられる3箇所の主要キャンパスにおき、フルタイム又はパートタイムの学生として対面授業を受講する。卒業生の中には、民間及び公的部門の様々な分野において、各国の指導者を含む中枢レベルの要職に就く者が数多く見受けられる。


優れた研究実績を有する分野としては、経営学、教育学、政治学、太平洋地域研究、海洋学、農業、科学技術、環境及び持続可能な開発、エコ・ツーリズムなどが挙げられる。

Photo copyright © The University of the South Pacific (USP)

編集画面ログイン
1. Teacher Education
1.1 Priority Area 1: Teacher Capacity Building: Basic Education, Secondary, and Tertiary
1.2 Priority Area 2: Indigenous Education and Development
1.3 Priority Area 3: Pacific Arts and Culture
2. Sustainability Education
2.1 Priority Area 1: Postgraduate Diploma in Sustainable Islands and Oceans Development (SIOD)
2.2 Priority Area 2: Post Graduate Diploma in Environmental Sciences
2.3 Priority Area 3: New Master of Laws (Environmental Law)
2.4 Priority Area 4: ESD Resource Materials
3. Community Empowerment
3.1 Project 1: Certificate Youth Leadership Course
3.2 Project 2: Environmental Stewardship for Young People (YESP)
3.3 Project 3: Certificate in Community Eco-tourism (CCET)
3.4 Project 4: Village Environmental Rangers - ESD through Cultural and Faith Based Activities
3.5 Project 5: Development of ESD Book for NFE: Environment and SD in the Pacific
3.6 Project 6: Media Training
3.7 Project 7: Sustainable Livelihoods and Education in Pacific Island Countries
Copyright 2012 Asia-Pacific Cultural Centre for UNESCO All rights reserved.