printsendsitemap
JapaneseEnglish

イノベーション創成プログラム

Indonesia / Non-formal Education (NFE)
map
国名 インドネシア
団体名 インドネシア環境フォーラム—ワルヒ(西ジャワ州)
代表 Mr. Denny Jasmara
住所 JL. Bengawan 82 Bandung, West Java, 40114, Indonesia
電話 +62-22-7275574
URL http://www.walhi.or.id
E-mail walhi-jb@rad.net.id
プロジェクト名 西ジャワ州の火山噴火被害に対する住民の防災意識の向上と災害対応に係るコミュニティーレベルの能力開発

Project

火山噴火被害に対するコミュニティの防災意識と対処能力の向上

インドネシアの西ジャワ州は肥沃な土地に恵まれるが、変化の影響を受けやすい地域でもある。西ジャワ州には火山が比較的多く存在するため、地殻変動、火山性地震、そして噴火の危険にさらされている。当地域に存在する多数の火山のうち7つは、A級活火山である。


火山による危険性を軽減させるために、一連の教育及び訓練プロジェクトを行い、災害が起こりやすい地域で最も弱い立場に置かれる人々の意識や対処能力を向上させる必要がある。プロジェクトの中心的な考え方は、「持続可能な開発のための教育(ESD)」である。対象地域では、持続可能な開発の概念を取り込み、災害に対し耐久性のある地域社会の形成を目指す。

Profile

ワルヒ・ジャワ(WALHI Jabar)は環境問題に取り組むNGOである。1980年、インドネシア環境フォーラム(ワルヒ)が全国規模で立上げられたのと時を同じく設立された。本団体は、他のNGOを巻き込み、西ジャワ州の環境問題に関して共に行動していくという理念のもとに設立された。


ワルヒ・ジャワは、自然資源や環境に対する主権を有する市民社会の樹立を目指す。そのために、以下のような環境活動を行う。すなわち、政策についての批判的検討、コミュニティ組織の構築、キャンペーンの実施、情報管理、マスメディアを通じた出版活動、協働ネットワークの発展、行政と司法の注視、人的資源の能力強化、環境教育、利害関係者の対話の促進などである。


ワルヒ・ジャワは、自然資源のマネージメント政策の正義、一般化、地域による参画を具現化し、公平で自律的な審判を目指し、また次世代に亘って環境管理を推進する清潔で誠実な政治を実現させるための手段である。

Photo copyright © Walhi West Java

活動報告 編集画面ログイン

16.Sep.2008

WALHI Java met with the ACCU Hope Evalution Mission

On 16 September 2008, WALHI West Java staff met with a group of the Joint Evaluation Team (HOPE mission) of the "ACCU-UNESCO Asia-Pacific ESD Programme" at WALHI's branch office in Bandung, West Java....
20.Aug.2008

Brief self-analysis of the project from ESD perspectives (Indonesia)

According to the Framework for the UNDESD International Implementation Scheme compiled by UNESCO, Education for Sustainable Development (ESD) is considered to have three interlinked key areas (spheres...
14.Aug.2008

WALHI Publication: Volcanic Disaster Comic Book for Community (BENCANA GUNUNGAPI -Mengenal Bahaya Gunungapi)

After defining the major characteristics of volcanic hazard as well as gathering experiences and lessons learned from previous disasters with the community members, this comic book was published and u...
Copyright 2012 Asia-Pacific Cultural Centre for UNESCO All rights reserved.