print send sitemap
JapaneseEnglish

ホーム > 1) お知らせ > 2013年ESD日米教員交流プログラム日本側参加校の募集開始!

ACCUからのお知らせ

2013年ESD日米教員交流プログラム日本側参加校の募集開始!

昨年度に引き続きユネスコ・アジア文化センター(ACCU)ではフルブライト・ジャパンの委託をうけ「ESD日米教員交流プログラム」を本年も実施します。本プログラムではESD (Education for Sustainable Development:持続発展教育)を共通のテーマとし、日米間で教員の相互交流、意見交換、共同研究を行うことにより、日米の教育交流とESDの推進を図ることを目的としています。参加者自身が取り組み、共同で大きなアウトプットを求められる参加型プログラムです。
今回募集する日本側参加校の24名の教員は4月から5月にかけて約2週間訪米し、米国側参加校の教員は6月から7月にかけて約2週間来日します。相手国滞在中に教育や文化についてのセミナーを受講、学校訪問やホームステイを体験し、日米合同会議(ワークショップ、グループディスカッション)に参加します。アメリカと日本の全2回開催される合同会議に日米双方の教員各24名全員とこれまでの参加者の一部が参加することが、このプログラムの大きな特徴となっています。つまり4月末から7月初めの約2ヶ月にわたる参加が求められると共に、これまでの参加者とのつながりもある持続的なプログラムです。

1.応募締切 1月31日(木)必着 (データ、郵送とも)
2.募集人数 24名
※書類選考の上、3月1日(金)を目処に「申請用紙」を送付いただいたメールアドレスへ「返信」にて通知します。

応募についての詳細はこちらをご覧ください。
「募集要項」「申請用紙」「FAQ」をダウンロードできます。

お問い合わせ・応募申請書提出先:
公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)  人物交流課
TEL 03-3269-4498, 4435 FAX 03-3269-4510
Email exchange@accu.or.jp
担当:米島  (課長:佐々木)

活動報告 Edit screen log in

more
5.Sep.2013

【告知】ESD Rice プロジェクト日本の参加校を募集!

この度、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)では、 2013年12月から2014年12月までアジア・太平洋地域の5ヵ国とともに 実施されるESD Riceプロジェクトの参加校を国内のユネスコスクール から数校募ることとなりました。 ESD Riceプロジェクトは、アジア太平洋地域のユネスコスクールが 「お米」を共通テーマとして、持続可能な未来創りに貢献する児童・生徒、 つまり「変...
14.Dec.2012

2013年ESD日米教員交流プログラム日本側参加校の募集開始!

昨年度に引き続きユネスコ・アジア文化センター(ACCU)ではフルブライト・ジャパンの委託をうけ「ESD日米教員交流プログラム」を本年も実施します。本プログラムではESD (Education for Sustainable Development:持続発展教育)を共通のテーマとし、日米間で教員の相互交流、意見交換、共同研究を行うことにより、日米の教育交流とESDの推進を図ることを目的としています。...
11.Dec.2012

ESDサイトを更新しました!

今回の更新では新たに始まった事業や継続している事業の最新情報などをアップデートしました。 主な更新内容は ESD Riceプロジェクト:お米を通して環境・食生活などの側面からESDに取り組みます。2012年のパイロットプロジェクトではタイ、韓国、フィリピン、日本の4カ国5グループが独自のプロジェクトを実施しました。 HOPE:「Tales of Hope」(ESD実践事例集)シリーズ紹介やH...
Copyright 2012 Asia-Pacific Cultural Centre for UNESCO All rights reserved.