Asia Pacific Cultural Centre for UNESCO (ACCU)
Asia-Pacific Database on Intangible Cultural Heritage (ICH)

トップ | コミュニティ事業 | 受賞コミュニティ
ACCU Prize
Kurokawa-Noh (Rosoku-Noh), Japan

伝統芸能振興活動(プロジェクト)の名称

蝋燭能実行委員会

対象となっている伝統芸能の名称

黒川能(蝋燭能)

コミュニティ(市町村など)の所在

山形県鶴岡市黒川字宮の下

黒川能(蝋燭能)について

黒川能は鶴岡市の黒川地区にある春日神社の神事能として500年以上にわたり継承されてきた。この能は観阿弥、世阿弥親子が大成した猿楽能の流れを汲み、現在の五流(観世、宝生、金春、金剛、喜多)と同系であるがいずれの流派にも属さずに独自の伝承を続け、演目や演式などに古い様式を残している。能役者は囃子方、狂言方を含め、子供から老人まで約160人、能面250点、能装束類500点以上、演目数は能540番、狂言50番と民俗芸能としては大変大きな規模となっており、1976年には国の重要無形民俗文化財に指定されている。

黒川能は村氏神として祀られている春日神社を中心として、主に南側の地域が上座、北側の地域が下座に属し、ぞれぞれの座は座長でもある能太夫を中心に運営されており、現在、上座100戸、下座129戸となっている。上座と下座に分かれた氏子がそのまま能を舞う集団であり、職業としての能ではなく、生活と芸術が深く融け合った形で黒川の人々の生活に根ざしている。黒川能を絶やすことなく受け継いできたことで、黒川の人々の信仰心の強さと、能を舞うことに対する真摯な姿勢を伺い知ることができる。
 能をぜひ観たいという多数の声に答え、蝋燭を使った独特の雰囲気をかもしだす能の公演を春日神社にて行っている。

過去に直面した問題について

第一には黒川の人たちの、祭りや能へ関心が薄いことが挙げられる。黒川の中で役者をしていない人々のなかに黒川能は能役者の為のものという意識があったためである。同じ神社の氏子であり、能座に入っているにも関らず黒川能に対する意識に温度差があり、将来能や祭りなどの伝統を伝えていくためには課題であった。
 その背景としては、黒川の生活基盤である農業情勢が大きく変容し農業以外の職業に就く人が増えたてきたことにより、それまで何百年と同じような生活形態で共同体として寄り合ってきた黒川の人々にも、個人の生活や意識に変化が出てきていたことが挙げられる。神社への信仰心、地域の伝統や文化などへの意識が希薄になってきていることがある。

また、黒川の女性は王祇祭ではほとんど裏方として関わっており、表に出てくることはなく、よく能を見たことがない等の声もあり、そのような方々にも黒川能や祭りについて知ってもらい、身近に感じてもらうことも必要だと感じたことも要因のひとつである。
 第二には、出張公演が多くなり役者の負担が増えたことが挙げられる。黒川能の役者は職業として能をしているわけではなく、農業や企業に勤めている人がほとんどである。公演が増えることで能座にとっては公演料が入るので座の運営や装束類を維持するためにはとてもよいことだが、反面、役者は公演の度に仕事を休まなければならない。また、多様化する職業形態の中でも練習は必要なため、時間を作るのが大変なことなど役者の負担が増えた。中には企業によっては地域の伝統芸能や文化に理解が低いところもあり、定期演能も含め頻繁に休むことができない役者もいたようである。

問題を乗り越えるために実施したプロジェクト

  • 目的
    蝋燭能の主な目的としては、「黒川能は黒川で」を合言葉に掲げ、能役者や黒川の人々とお客様との交流ができることで、黒川に新たな活力や継承への意識を作ること。また王祇祭では一般観能者は黒川能保存会に申込みをして抽選に選ばれた人でないと観ることができなかったため、抽選に外れた方にも蝋燭能を鑑賞していただき、その雰囲気を体験してもらいたい。
  • 企画を立ち上げるにあたって
    伝習館職員が若手役者などと黒川能の現状についての会話の中からヒントを得たことがきっかけとなり、中堅、若手役者などに呼びかけて企画された。内容は、王祇祭のように蝋燭の灯りだけで能を上演する第1部「蝋燭能」と、祭りの雰囲気を味わって貰うため王祇祭で出される郷土料理を囲んで役者やスタッフと交流する第2部「王祇膳」の構成とした。スタッフはボランティアとして若手役者を始め、能と関係のない黒川地区の若者や女性たちで開催された。
  • 資金について
    資金的な問題については関係団体などの協力、チケット販売の収入等でまかなうことができた。具体的には上座、下座、春日神社、黒川能保存会、?黒川能保存伝承事業振興会からの支援や助成、チケットの販売収入、企業からの広告、個人的な寄附金などの点が挙げられる。蝋燭能スタッフが企業にお願いに行き、プログラム中の宣伝広告料としての寄附を募っている。
  • 若い世代の関わり方
    黒川の中では師弟関係、上下関係がはっきりしているので人間関係においてトラブルのようなものは少ない。反面、若い世代の自由な発想は反映されにくい面がある。しかし、蝋燭能実行委員会では上下関係はあるものの、最初から企画運営に参加できることから意見や発想が反映されやすい。会場管理部では、舞台づくり、神社周辺の整理、のぼり旗の設置から蝋燭の火を見守る蝋燭番、火入れの儀式、交流会の接客などを担当する。役者をしている、していないに関わらず若者が多い編成で、毎年いろいろなアイディアを出して実行するなど活気にあふれている。

ビデオ


入賞プロジェクトの伝統芸能:黒川能(蝋燭能)

 

継承者へのインタビュー