↑2012年2月のニュース一覧へ

ご協力感謝/東日本大震災ユネスコスクールESD支援募金
2012年2月6日

気仙沼市白幡教育長(左)、菅原市長(中央)、島津ACCU事務局長(2012年1月13日)

ACCUは東日本大震災で、甚大な被害を受けた地域の教育復興のために少しでもお役にたちたいと、「東日本大震災 ユネスコスクールESD支援募金」を始め、昨年4月から関係者の皆様に呼びかけてきました。

 おかげさまで、お預かりした募金の総額は、2012年1月31日までに、56の団体、個人から、17,022,909円となりました。
 ユネスコスクールを中心に、文化祭での売り上げを募金して下さったり、地域のお祭りで呼びかけたりと、工夫して募金にご協力いただきました。継続してご支援くださった学校もあります。
 海外からもご協力いただきました。韓国からは、韓国ユネスコ国内委員会が、教職員交流プログラムに参加したことのある教職員、学校に呼びかけ、更にその教職員が児童生徒の皆さんにも呼びかけてくれました。そして被災地の児童生徒の皆さんに向けて心のこもったメッセージも送ってくれました。

 お預かりした募金から、第一回目として下記29自治体に送金をいたしました。各地域の242校の学校施設の復旧・復興のために使われます。35校のユネスコスクールがある宮城県気仙沼市には、菅原茂市長、白幡勝美教育長を訪問し、募金をお渡ししました(写真ご参照)。

 この募金活動は今後も継続していきます。まだまだ皆様のご協力が必要です。引き続きご支援をよろしくお願いいたします。
http://www.accu.or.jp/jp/news/detail.php?nid=280


<ご協力いただいた団体> 敬称略、50音順 
あじさい倶楽部、INTERNATIONAL SCHOOL BANGKOK、大阪府松原市立恵我南小学校、鷗友学園女子中学高等学校奉仕委員会、岡山市立建部小学校、海外教育支援講演実行委員会、海星学院高等学校、韓国ユネスコ国内委員会、黒須田小学校PTA被災地を支援する会、最徳寺、Sassafras Software Inc.、渋谷教育学園渋谷中学・高等学校、自由学園、長崎県立諫早商業高等学校、新冠町町民生活課、財団法人日本漢字能力検定協会、松山市立新玉小学校、丸森町立丸森東中学校、光村図書出版株式会社、明浄学院高等学校生徒会、吉田製薬株式会社

<第一回送金先地方自治体>
岩手県:
岩泉町、大槌町、大船渡市、釜石市、野田村、宮古市、山田町、陸前高田市
宮城県:
石巻市、岩沼市、大河原町、女川町、角田市、栗原市、気仙沼市、白石市、仙台市、富谷町、名取市、東松島市、丸森町、南三陸町、山元町、亘理町
福島県:
会津若松市、いわき市、伊達市、西郷村、福島市

企業による・寄附金による・維持会員による サポートのお願い