↑2019年5月のニュース一覧へ

【参加者二次募集】韓国派遣プログラム(締切5月26日(日))
2019年5月16日

「韓国政府日本教職員招へいプログラム(韓国派遣プログラム)」の参加者を二次募集で若干名募集します。
本プログラムでは、日本の先生方を韓国に派遣し、学校訪問、韓国の先生や生徒との交流、文化施設の視察などを行います。本プログラムは、日本と韓国・中国・タイ・インドとの間で2001年より20年近く行っている教職員の国際交流プログラムで、顔が見える交流を通して、各国間の相互理解と友好を促進し、また日本の教育現場での国際理解・国際交流を推進することで、アジア太平洋地域の平和と安定を促進し、平和で持続可能な世界を実現することを目的としています。
なお、本プログラムは、韓国ユネスコ国内委員会(KNCU)の招へいを受け、文部科学省委託「初等中等教職員国際交流事業」の一環として行われ、ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)が運営・実施するものです。

【プログラム概要】
●派遣期間:
2019年7月9日(火)~7月15日(月)
7月8日(月)に成田にてオリエンテーション開催(参加必須)

●派遣先:
大韓民国(ソウル、スウォン、チュンチョン、インチョン)

●活動内容:
・ 韓国の教育制度や関連事項についての講義受講
・ 学校訪問(授業見学、教職員・生徒との交流、ESDやGCED・国際理解教育等の好事例の視察等)
・ 韓国の教職員との交流会
・ 文化施設の視察

●応募資格:
(1)国際交流・国際理解教育・ESD・GCED等の活動に携わっている、または高い関心を持っており、韓国の教職員や生徒と積極的に交流し、帰国後は国際交流・国際理解・ESD/GCEDの推進に寄与できる者。
(2)所属長から推薦を受けた、初等中等教育の教職員および教育行政職員であること(訪問団長・副団長はこれに限らない)。
(3)健康で、オリエンテーションを含めたプログラムの全日程に参加が可能であること。
(4)Eメールを用いて円滑に連絡ができ、またMicrosoft Word/Excelを用いて所定フォーマットに
必要情報を入力し提出できること。 ※参加決定後は、メールで連絡を取り各種手続きを行います。
(5)過去に本プログラムへの参加がないこと。
(6)日本国籍であること。


●応募方法:
募集要項 をご覧の上、下記の応募書類をaccu-exchange_ml@accu.or.jp(ユネスコ・アジア文化センター 国際教育交流部)に送付下さい。



(1)申請用紙(指定様式)
※Excelファイルのまま送付ください(PDFファイル不可)。
※ファイルのタイトルは「申請用紙(氏名)」とし、氏名を記入ください。
(2)所属長による推薦状
推薦状サンプル.doc
※推薦状サンプルに沿って各項目を記載し公印を押した推薦状をスキャンし、PDFファイルを送付ください。
(3)パスポートの顔写真ページのコピー(2019年7月9日時点で3か月以上有効であるもの)
※PDFファイルを送付ください。

●応募締切:
締切5月26日(日)

●発表:
5月31日(金)頃 

過去のプログラムの様子はこちらをご覧ください。
http://www.accu.or.jp/jp/activity/person/03-02b-04.html

【問い合わせ】
公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU) 
国際教育交流部(担当:藤澤・岡野)
〒101-0051 東京都千代田区神保町1-32 出版クラブビル7F
TEL:03-5577-2853 / FAX:03-5577-2854
Email: accu-exchange_ml@accu.or.jp

企業による・寄附金による・維持会員による サポートのお願い