持続可能な開発のための教育(ESD)

ACCUの持続可能な開発のための教育(ESD)

持続可能な開発のための教育とは?

「国連持続可能な開発のための教育の10年(United Nations Decade of Education for Sustainable Development)」は、2002年の国連総会で採択され、2005年に開始されました。背景には、人類共通の目標である「持続可能な開発」の成果が未だ不十分であり、一層の意識改革や教育実践が求められている現状があります。

ESDは、質の高い教育を通じ一連の価値観を身につけることで、社会構造とライフスタイルの転換を目指しています。ESDは、文化を基礎に、社会・環境・経済の3つの柱を軸とし、その中心は“尊重の価値観”(現在・将来世代の他者の尊重・相違と多様性の尊重・環境と資源の尊重)にあります。

このように、ESDは、従来の環境教育や開発教育の枠組みを超えた包括的な概念であり、持続可能な社会の実現に向け、特に質を重視した教育の取り組みと言うことができます。

企業による・寄附金による・維持会員による サポートのお願い