佳作

小さな緑のヤギの足音




あらすじ
 ビーターは病気でベッドで休んでいました。お父さんは上の階で足音がするのを聞きました。「ビーターはじっと休んでいないといけないのに、上の子たちは毎日どたどた音をたてて、やかましいったらないな」と、お父さんは言いました。ビーターは夢を見ていました。それは、やぎたちと遊んでいる夢でした。お父さんはだんだん腹が立ってきて、上の階に住んでいる人たちに静かにしてくれと頼みに行くことにしました。ビーターはベッドから起き上がってお父さんについて行くことにしました。上の階では、男の子たちが三人でやぎのゲームをして遊んでいました。ビーターは、それを見て、ゲームにまぜてもらいました。


英語


前へ リスト 次へ