• ACCU
  • 活動レポート
  • 経験を共有し困難を共に乗り越えるインド教職員招へいプログラム

経験を共有し困難を共に乗り越える
インド教職員招へいプログラム


ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)では、文部科学省委託「令和2年度初等中等教職員国際交流事業」の一環として、「インド教職員招へいプログラム」を2020年11月2日(月)から29日(日)にかけてオンライン実施しました。
 

当センターとして初めて行うオンラインのプログラムに、インド全土から16名の教職員がご参加くださいました。インド各地と日本の交流ポイントをオンラインで繋ぎ、約一ヶ月間をかけて複数回のセッションを実施する形式をとり、時間をかけて教職員としての互いの経験を共有し、理解を深めていくことができました。
 

<プログラム実施概要>
DAY1映像を使ったワークショップ(1)ビデオ講義①日本の初等中等教育制度概要
ビデオ講義②SDGs実現に向けたESDの推進とユネスコスクール
DAY2映像を使ったワークショップ(2)ビデオ講義③新型コロナウイルス感染症対策に伴う児童生徒の「学びの保障」のための学習指導について
バーチャルツアー 北杜市立甲陵高等学校&山梨県北杜市
DAY3 教職員意見交換会
(北杜市立甲陵高等学校)
テーマA:「SNS上のいじめ、誹謗中傷の現状と対策」
テーマB:「大学受験、進路指導、生徒のキャリア形成」
テーマC:「探求学習の取組み」
DAY4 交流授業
(北杜市立甲陵高等学校)
高校1~2年生の生徒240名に、インド各地の文化や学校生活について紹介
DAY5日印教育交流会・閉会式

対面交流と同じことはできなくても、今できる限りの国際交流を… 最終日には、インド教職員の代表から、困難の時を共に乗り越えるために、互いの経験を共有し、相互理解と連携を深めることの重要性が語られました。
 

オンラインでのプログラム実施の長所短所を我々も学びながら、今後もより良いプログラムの企画・運営に努めてまいります。本プログラムにご協力くださった関係者の皆様に、この場をお借りしてお礼申し上げます。
 

■DATA■
  • 実施期間:2020年11月2日(月)~29日(日)のうち5日間
  • 参加者:インド側19名(運営、オブザーバーを含む)、日本側教職員29名、高校生240名

ハッシュタグ