新モンゴル日馬富士学園の皆さんが来日


2019年6月24日(月)から29日(土)にかけて、ウランバートル(モンゴル)にある新モンゴル日馬富士学園より、日本語を学ぶ高校1年生4名と数学科教員1名が、校外研修の一環で来日しました。ACCUのコーディネートで、初日の駐日モンゴル大使館への表敬訪問、翌日の東京都内での教育機関訪問を行いました。

新モンゴル日馬富士学園創設者の元横綱日馬富士さんと

モンゴル大使館では、エンヘアマガラン参事官による激励をいただき、一行は真剣な眼差しで話を伺いました。翌日午前中は、グループ校である新モンゴル学園の卒業生も多く通うABK学館日本語学校で、「おいしそう」、「おいしい」、「おいしいですね」等すぐに使える表現を楽しく学びました。

午後は、渋谷教育学園渋谷中学高等学校にて同じ高校1年生の英語のディベートの授業に参加、その後は慶應義塾大学三田キャンパスを在学生の案内で見学しました。「モンゴル語と英語と日本語ができるなんて、すごいね!」「大学の勉強は大変だけど、おもしろいよ」等々、日本で学ぶ同世代の学生たちとの温かな交流がありました。

一行は、はじめての日本の学校、食事、街並み…ひとつひとつに目を輝かせ、交流を通して友人を得ることができました。それぞれの夢の実現へむけて気持ちを新たにしたようです。梅雨の晴れ間に、心も未来も明るく照らされるような時間でした。

 

■DATA■
  • 開催日:2019年6月24日(月)~29日(土)
  • 参加者:5名
  • 開催場所:東京

TOP