基礎教育の普及を目指した支援


ACCUでは1980年代初めより、ユネスコとの協力体制の下、アジア太平洋地域における識字教育の普及に取り組んできました。初等教育や前期中等教育と同義に捉えられることの多い「基礎教育」ですが、世界のさまざまに異なる教育事情や課題を背景に、広くは学校外教育や成人識字教育など、あらゆる年代の人々が日常生活をおくる上で必要な基礎的な知識や能力を身につけるための機会として、全ての人々が平等に有する権利とされています。

ACCUの識字事業

設立当初の図書開発事業は世界における識字教育の必要性の認識につながり、各国関係団体とのパートナーシップのもと製作を進めたACCUによる「共同事業方式」は、ユネスコの識字教材開発にも活かされています。 またACCUが制作した絵本は、世界のさまざまな言語に訳され親しまれてきたほか、読み書き計算能力の大切さを短編アニメーションで表現した『ミナの笑顔』は世界30か国、のべ39言語に翻訳され、これまでに各国の識字クラスで利用されたり、テレビで放映される等しています。1990年代中頃には、アジア各国で女性のための識字教育センター(LRC:Literacy Resource Centre for Girls and Women)事業を開始し、識字支援に携わる各国機関の能力強化にも貢献してきました。こうした長年にわたる功績が評価され、2002年にはユネスコから国際識字賞を受賞しています。現在では、2008年よりカンボジアで母子保健をテーマにした識字教育支援事業「SMILE Asia プロジェクト」を実施しているほか、9月8日の国際識字デーに合わせて、識字課題についての啓発を目的とした識字デーイベントを開催しています。

その他の活動

国際協力機構(JICA)が実施するノンフォーマル教育に関する事業への専門家派遣など、国内機関の援助スキームを通じた技術協力にも多数携わってきました。また、ユネスコが発行する国際的な教育目標に関するレポート「グローバルエデュケーションモニタリングレポート」概要の日本語版を他機関と協力し刊行しています。さらに、識字・ノンフォーマル教育に関する講演や出前授業を行うなど、日本国内における啓発活動にも積極的に従事しています。
  

ACCUが2008年よりカンボジアで実践する、母子保健をテーマにした識字教育支援事業「SMILE ASIA プロジェクト」については以下の取組紹介をご覧ください。

取組紹介

SMILE Asia プロジェクト

お知らせ

TOP