ACCUの活動を紹介する機関誌
機関誌 ACCU News [ 2018年 ]
 
405号(2018年7月号)
[全ページPDF]
特集1 図書開発事業を振り返って 子どもたちに共通の読み物を
1970年から始まった「アジア・太平洋地域共同出版計画」Asian-Pacific Co-Publication Programme(ACP)は、子どもたちに質の高い読み物をなるべく安価で提供することを目的に、ユネスコと日本政府、出版界、民間等が連携し、各国専門家の協力のもと「各国共通の読み物の作成」という協同プロジェクトを実現してきました。 言語のみならず、地理的条件や文化的背景も異なる各国専門家が集まり、それぞれの国の子どもたちの為に共通の本をつくる、という国境を越えたこの取組みが、30年にわたり続けられたことは、今の時代の深刻な摩擦や緊密な絆を鑑みると、ひとつの希望であり、次世代の子どもたちの為に継続が望まれる事業のひとつといえます。
特集2 グローバル社会のリーダーをめざして!(高校模擬国連事業)
 未来のグローバルリーダー育成事業、高校模擬国連国際大会が2018年5月11、12日、アメリカのニューヨークで開催されました。交渉力に焦点が当てられる本大会では、国籍や民族、言語、文化の異なる人々とのコミュニケーションで重要視される「人間力」が尊重されます。日本から派遣された参加者は、目標に向けて積極的に行動する派遣生の生の声は一読の価値ありです。
ACCUプログラム報告
韓国教職員招へいプログラム
国際教育交流事業報告会
ユネスコスクールリーダーシップ研修
国際ESDワークショップ
GAPパートナー会合inコスタリカ
コラム 「アジア東奔西走」番外編(コスタリカ)
活動メモ
404号(2018年2月号)
[全ページPDF]
特集 人が紡ぐ教育のチカラ 人物交流事業
ACCUの人物交流事業の主役は「人」です。参加者や事業委託元担当者、受け入れ側協力者など、さまざまな人々がそれぞれの立場から「交流」の意味とその影響、効果についてご紹介します。ITを駆使したネットワークの発達により、他の国の人ともつながる機会は飛躍的に増えている現代ですが、実際に会い、話し、見聞きすることで得るものはまた別の価値があります。教職員の交流はその後それぞれの国の教育現場に還元され、若い世代を通じて無限の可能性につながります。人と人のつながりが紡ぐ教育の力を感じてください。
ACCUプログラム報告
パキスタンの若者プロジェクト
サステイナブルスクール研修
SDGsこどもワークショップ
全日本高校模擬国連大会報告
コラム 「アジア東奔西走」インドというところ-学校を巡る編-
活動メモ
バックナンバーをご希望の方へ

『ACCUニュース』をご希望の方は、ご住所、お名前をメール(general@accu.or.jp ※@を@に変えてお送り下さい)にてお知らせ下さい。その際、「ホームページをみて、○○○号を希望」とお書き添えください。
着払いにてご送付します。送料のみご負担ください。

企業による・寄附金による・維持会員による サポートのお願い