↑2018年5月のニュース一覧へ

【締切延長】韓国政府日本教職員招へいプログラム参加者募集(5/28正午)
2018年5月15日

このたび、韓国政府日本教職員招へいプログラム参加者の募集期間を延長いたします。

つきましては、下記の通り申込期限を5月28日正午とし、あわせて参加者決定の発表時期も6月7日(木)頃に変更いたします。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)では、「韓国政府日本教職員招へいプログラム」に参加する教職員を15~20名募集します。本プログラムは、国際連合大学の委託のもと2018年1月に実施した「韓国教職員招へいプログラム」に関連し、本年度より、文部科学省の「初等中等教職員国際交流事業」として、さらに両国間の相互理解と友好発展を図るため、韓国ユネスコ国内委員会(KNCU)が招へいするものです。

〔プログラム概要〕
●派遣期間:
2018年7月10日(火)~7月16日(月)
7月9日(月)に都内にてオリエンテーションを開催(全員参加)

●派遣先:
大韓民国(ソウル、慶尚南道、蔚山、釜山)

●活動内容:
(1)小・中・高・特別支援学校や教育施設訪問を通じて、持続可能な開発のための教育(ESD)や地球市民教育(GCED)を含む韓国の最新の教育政策・現状の視察
(2)訪問先における韓国の教職員・児童生徒との交流、日本の文化やESDの紹介
(3)世界遺産見学やホームビジットを通じた、韓国文化の理解

〔募集概要〕
●募集人数:
15~20名程度 ※訪問団の全体数は50名

●応募資格:
・日本国籍であること。
・所属長から推薦を受けた、初等中等教育教職員(教育行政職員を含む)であること。
・健康で、オリエンテーションを含めたプログラムの全日程に参加が可能であること。
・Eメールを用いて円滑に連絡ができること。また、Microsoft Word/Microsoft Excelなどの簡単な操作ができ、所定のフォーマットに必要情報を入力し提出できること。
・過去に本プログラムへの参加がないこと。

 また、ユネスコスクール、ESD、GCEDの活動に携わっている者、または高い関心を持っている者、将来にわたり韓国との具体的な教育交流の推進に寄与できる者が望ましい。


●応募方法:募集要項をご覧の上、
1)派遣候補者本人の記入済み申請用紙(和文)
※ファイル名は「2018_韓国派遣参加者申請用紙(ご氏名)」とし、( )内に氏名をご記入ください。
2)入国時に3ヶ月以上有効なパスポートのコピー
3)学校長による推薦状  
 ※推薦状サンプルの形式に則ってご記入ください

の3点をE-mail(accu-exchange_ml@accu.or.jp)で送付してください。

●応募締切:
5月28日(月)正午

●発表:
2018年6月7日(木)頃 
参加が決定した方には、追加で必要になる書類をお送りします。

募集要項、申請用紙などはこちらをご確認ください。
募集要項
申請用紙(和文)

推薦状サンプル

これまでのプログラム内容は、こちらをご覧ください。

〔問い合わせ〕
公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)国際教育交流部 
担当:伊藤・岡野(部長:進藤)
住所:〒162-8484 東京都新宿区袋町6番地 日本出版会館
TEL:03-3269-4498  FAX: 03-3269-4510  
E-MAIL:accu-exchange_ml@accu.or.jp
URL:http://www.accu.or.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/accu.or.jp

企業による・寄附金による・維持会員による サポートのお願い